• 自分で行う展示会の装飾ポイント

    展示会の装飾は、自分で行うこともできます。

    その場合は他のブースに少しでも差をつけて、お客さんの目にとまる工夫が必要です。

    ではどのような工夫ができるのでしょうか。参加が決まったら、自分が使えるスペースの大きさを知っておきましょう。
    幅と高さ、会場のどの辺りになるかもわかれば参考になります。もし入口付近が当たったら幸運ですが、会場の角など目につきにくい所でも、工夫次第でお客さんの目を引けるので安心しましょう。


    目につきにくい所は、明るい色や蛍光色の看板、太字のフォントがおすすめです。印象に残れば遠いブースまでお客さんは来てくれます。
    ブースの装飾をする時は、こだわり過ぎてゴチャゴチャし過ぎないことが大切です。造花やリボンの装飾も多過ぎるとそちらにばかりお客さんの目が行ってしまい、肝心な商品の印象が薄れてしまいます。

    展示会の装飾のことならこちらをご活用ください。

    装飾はあくまで商品を引き立てるものだと覚えておきましょう。照明の当て方も大切なポイントです。白っぽいパッケージに強い照明を当たれば、商品がわかりづらくなるのは当然です。
    角度調節が可能なライトを使い、少し離れた所から商品がどのように見えるか確認しましょう。

    OKWaveの専門サイトのココです。

    また使用するテーブルもそのまま使うのではなく、クロスを使うだけできちんとした印象になります。


    このように展示会の装飾は自分で行うこともできます。

    しかし心配な時は、展示会のレイアウトを手がける会社に相談してみるのも良いでしょう。



    本格的なブースを作ってくれます。

  • 知っておきたい常識

    • 展示会の準備は色々と大変です。一生懸命準備をしたのに、蓋を開けてみたらうちのブースだけ人がいないなどという体験はしたくないものです。...

  • 耳より情報

    • エコカラットはタイル状の壁材で、壁紙の代わりに壁に貼り付けて使ったのが起源と言われてます。壁の装飾のみならず、湿気を吸収し臭いも取る効果があるので、マンション・アパートや住宅の押し入れや洗面所に主に用いられますが、寝室や居間にも適した装飾性が高いものに人気があります。...

  • 身に付けよう

    • 展示会は、企業が商品やサービスを消費者や取引先に紹介する為の場として活用されます。ブースに来場してもらうには、消費者や取引先が興味を持つような展示内容とその展示物に合わせた装飾を施す必要があります。...

  • 大事な社会の事

    • 展示会はお客様に会社の商品をアピールすることが出来る、絶好の機会となります。沢山の方が会場にいらっしゃいますし、いつもは合う事が出来ないような方とも、接触する機会がある日となるでしょう。...