• 展示会におけるブースの装飾に拘る

    展示会は、企業が商品やサービスを消費者や取引先に紹介する為の場として活用されます。


    ブースに来場してもらうには、消費者や取引先が興味を持つような展示内容とその展示物に合わせた装飾を施す必要があります。

    テーマ性を持たせて展示ブースを構築する事で、来場者の興味を惹きつける事が可能です。

    展示会は、一つのテーマに絞って一つの企業が出展する場合と多数の企業が参加して出展する場合とがあります。
    一企業が展示を行う場合には、テーマに基づいたブース作りが行い易く、装飾をよりテーマ性に合わせて調整していく事が出来ます。

    展示会の装飾に有効な知識の紹介です。

    ブースにテーマ性を持たせる事でストーリーを作り、そのストーリーに合わせて展示が行える事が企業にとっては宣伝を行える場を広げるのに役立ちます。
    展示会では、展示物を効果的に見せる為に什器を設置して展示する事が多いです。

    その為、ブースの広さや雰囲気に合わせて装飾をしていく事が重要であり、来場者の動線の確保、来場者に対応しやすいようにスタッフがブースの隅々までチェック出来るレイアウトの用意をします。

    展示会を行う上で重要な事は、商品やサービスを来場者に如何にして売り込んでいくかという事です。商品やサービスの概要や機能に関して説明しているパネルの設置、商品やサービスを体験出来る体験コーナーの設置などを行う事で、来場者は商品やサービスの機能や性能について理解でき、興味を持つようになります。



    目立つようにライティングなどを行う必要がありますが、あまりにもテーマとかけ離れた配色や光を使いますと宣伝効果が薄れてしまいますので注意しなければいけません。